アフィリエイト課金広告でビジネスチャンスを

Special thanks & Welcome
お問い合わせ お申し込み
トップページ ITコンサルタント アフィリエイトについて ものを売る 知識や情報を売る 会員を増やす 料金について


使い方次第で大きな可能性を孕んでいるアフィリエイト

まずはSEOを疑え。
インターネットビジネスを進める上で必ず必要となるネット広告。
少し前までは、検索エンジン適正化(Search Engine Optimization SEO)が主流として多くのSEO業者が存在しておりましたが、2014年のグーグルによるシステム変更により、バックリンクを手段として扱っていた業者が激減し、また、SEOの方法も、それ以前と比べてかなり複雑になりました。

ただし、SEOの結果が良くても販売に繋がらない、アクセス数に繋がらないということも少なからずありました。これは、検索スキルをある程度もっている検索者に対してはSEOが有効であるが必ずしも検索者にスキルがあるとは限らない、ということが影響していたのでしょう。数十万〜何百万円もかけてホームページを作り、ネットショップを開業し、SEOに、毎月高額な手数料を支払ったのに売り上げが良くならない・・・という話をよく聞きましたし、たくさんの相談も受けました。

私は、個人営業でホームページ制作を格安で行っていた頃、そのオプションとしてSEOを格安にて施工してきたのですが、結果が思惑通りにいかなかったことは無く、また、それに対する報酬が、他社とは比べ物にもならないほど安かったので、かなり多くの需要がありましたし、今でも毎日の様に依頼をされているのですが、たとえ売り上げになろうとも、確実性が薄れた今、大切なクライアント様にSEOという不確定な手法を勧める気になれず、全て、お断りしている次第です。

SEOに頼るのはもうやめましょう。

ネットサーフィンしているとよく出てくる文言ですが、これに関しては正しい意見だと思います。


そこで目をつけたのがアフィリエイトプログラムでした。


    アフィリエイトについて・・・

アフィリエイトとは、ネット広告の課金方式の一つで、Webページやメールマガジンなどの広告媒体から広告主のWebサイトなどへリンクを張り、閲覧者がそのリンクを経由して広告主のサイトで会員登録したり商品を購入したりすると、媒体運営者に一定の料率に従って報酬が支払われる方式。

掲載回数やクリック数などに対して報酬が支払われる他の広告手法に比べ、広告主にとっては、売上などの成果が挙がってから初めて広告料(の請求)が発生するため、極めて費用対効果の高い広告を展開することができる。媒体運営者にとっては、他の広告プログラムよりも加入・登録の門戸が広く、個人でも容易に開始できる点や、商品選択や掲載方法の自由度が高く、自分のサイトのテーマやデザインに馴染んだ広告にしやすいというメリットがある。

アフィリエイトプログラムには、広告主となるオンラインショップやオンラインモールなどの事業者が独自に媒体運営者を集めて展開しているものと、広告主と媒体運営者の双方を募集して両者を引き合わせるサービスがある。後者のようなサービスやその運営事業者のことを「アフィリエイトサービスプロバイダ」(ASP:Affiliate Service Provider)と呼ぶことがある。
IT用語辞典・e-World 参照


では実際の方法は・・・



アフィリエイトプログラムを実践している人は国内だけで400万人いると言われており、その市場規模は1500億円とも言われておりますが、400万人いるアフィリエイター(アフィリエイトプログラムを実践している人)のうち殆どが、自分のサイトに商品広告を掲載したり、Youtubeに動画をアップしてクリックされることを待っている人つまり、売り上げを上げる側、会社で言えば営業者なのです。

私たちは商品や情報を卸す側です。

私たちが商材を開発し、アフィリエイターに卸す。
するとアフィリエイター達は売り上げの何パーセントかの報酬を受け取ろうと、自分のホームページやブログ、Youtubeなどに「私たちの商材広告」を掲載します。
400万人のアフィリエイターすべてが私たちの提供する商材広告を掲載してくれるわけではありませんが、広告を表示させるまでは広告費の発生はございません。
つまり、どれくらいの数のホームページやブログなどに私たちが提供する商材の広告が掲載されるか分かりませんが、この時点での広告費は実質無料!
無料でたくさんの広告が出せるのです。

どれくらいの数の広告が掲載されるのかは予想できませんが、多くの広告に目がとまり、興味を持ってクリックする人もいるでしょう。
広告をクリックして、販売用のサイトに来たお客様が商品を購入することも当然あるでしょう。

で、その時、はじめて広告料が発生するのです。

広告料は商材の売値のパーセンテージ、もしくは固定額として設定しておきます。
商品より高い広告手数料を設定することはありませんので、いくら売れても広告費で赤字になることはありません。

ローリスク・ハイリターン=これこそ捜し求めていたウェブ広告プログラムと言えるでしょう!!


   
>>>アフィリエイトについて
アフィリエイトで・・・
「もの」を売る場合 知識や情報を売る場合 会員を増やす場合






様々なネット広告
企業が製品やサービスのマーケティングのために行う宣伝活動のことを、総じてインターネット広告(インターネット広告の他に、ウェブ広告、オンライン広告と呼ぶ場合もあります)と呼んでいます。

インターネット広告は、形状、配信方法、課金方法の3つの切り口で分類することができ、形状による分類では、バナー広告、テキスト広告、メール広告、タイアップ広告、リッチメディア広告(フローティング広告、エキスパンド広告、インターネットCM、動画広告)などに分かれ、配信方法による分類では、性年齢などの属性情報によって配信対象を制限するデモグラフィックターゲティング広告、ユーザーの過去の閲覧ページの状況をみて関連性の高い広告を表示する行動ターゲティング広告、検索キーワードに連動する検索連動型広告、コンテンツの内容に連動するコンテンツ連動型広告、携帯電話の現在地に連動する位置連動型広告などに分けることができます。
また、課金方法による分類では、同じバナー広告でも、特定ページへの掲載期間を保証する期間保証型広告、表示回数によるインプレッション保証型広告、アフィリエイトによるアクション報酬型広告、クリックすることで課金が発生するクリック報酬型広告に分けることができるのですが、何れにせよどの広告形態にも共通して当てはまることは、「費用が効果を生む」ということです。

お金をかければ大体のことはできる・・・

当然なのですが、様々な広告形態がある中で何故ここにおいてアフィリエイト(課金広告)をお勧めするのか・・・その理由は、コストパフォーマンスに優れていると言えるからです。

ただし、課金式の広告を出稿するには、ウェブ上のスキルがある程度必要です。

ならば!ということで、(株)NET FLATにて広告作業のお手伝いを、しかも低料金で行おうとなったのです。


WELCOME
アフィリエイトプログラムを利用した宣伝広告を取り入れてビジネスを拡大いたしましょう。株式会社ネットフラットがお手伝いいたします。


Content information
 ITコンサルタント
 アフィリエイトについて
 ネット広告
 ものを売る
 知識や情報を売る
 会員を増やす
 料金について
 自分で更新できるホームページ
 会社案内

トップページ ITコンサルタント アフィリエイトについて ものを売る 知識や情報を売る 会員を増やす 料金について
株式会社 ネットフラット
NET FLAT ,Inc.

http://www.netflat.net/
info@j-888.com

*画像や文章の無断転載を禁じます*